かくれ乾燥しているインナードライ肌を治しましょう

インナードライ肌は、肌の内部が乾燥してしまっている状態の肌です。
そのために外見は脂性のようになっているのですが実は内部が乾燥しているので、脂性の方専用の洗顔石鹸などでしっかり汚れを落としても治らなかったり悪化してしまう事があるのです。
肌の状態としては、つまり肌の内部の水分が減少してしまっていて、逆に肌表面の脂分が過剰に分泌されている状態です。
これをずっと放っておくとトラブルを起こしやすくなったり、肌の老化が早くなります。
そのため、きちんとしたケアが必要になってきます。
ではどのように対処していけばよいのでしょうか。
やはり基礎化粧品を変えることは重要です。
特に保湿には気を配って下さい。
まず、化粧水はしっかり正常な量を今まで使っていましたか。
インナードライ肌は、水分がかなり減少しているので通常の使用量よりも倍以上の補給をしなければなりません。
よって、どんな化粧水でも良いですから、たっぷり使うことを心がけましょう。
脂性で混合肌だから、と保湿を怠るのは絶対やめましょう。
乳液や美容液でしっかり水分を閉じ込めて、パックなどを使って保湿するのも大変良いです。
このパックはわざわざ買ってくる必要はなく、よくドラッグストアなどで販売されているコットンを買ってきてたっぷりの化粧水をしみこませたものを貼るだけでだいぶ違います。
しっかり保湿ケアを行い、インナードライ肌を改善しましょう。